緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその原因の一つと言われています。

眼圧の平均値は10~21mmHgですが視神経が弱りやすい人は正常眼圧でも緑内障になる場合もあり、日本人の緑内障では約6、7割程が正常眼圧緑内障です。

原因因子

緑内障の発生因子は眼圧が有名ですがその他にも年齢、遺伝、強い近視、喫煙等多くの発生因子が挙げられています。

緑内障の症状

緑内障の見え方

一般的に緑内障では、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります、視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっているため、目の異常を感じることはありません。

初期段階では自覚症状に乏しいため中期以降に眼科を受診するケースも多くあります。欠損した視野は回復しない為、早期発見、早期治療が重要となります。

急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。時間が経つほど治りにくくなるので、このような急性閉塞隅角緑内障の発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

緑内障の治療

点眼薬による眼圧下降、レーザー療法、手術などにより緑内障の進行を遅くさせる方法が主になります。

その他の目の病気

PAGE TOP